フロアコーティングで快適生活

フロアコーティングは賃貸物件こそおすすめ。

フロアコーティングが一般的になりつつあります。傷がつきにくいことや、光沢感の長持ち、床材そのものの耐久性アップなど良いことづくしでもあります。賃貸物件では、借主が施工するのは原状回復などの兼ね合いや費用負担の面などの問題もあり難しいものではありますが、大家さんであれば賃貸物件こそフロアコーティングはとってもおすすめです。
場合によっては、大家さんへの交渉もアリだと思います。新築物件や床のリフォームをおこなった時には、より一層綺麗に見えますし、再施工可能なコーティング剤を利用することによって入退去があってもその後のメンテナンスで綺麗な状態への復旧がしやすいものです。
もちろん床そのものの傷みはかなり減少されますので、長期的に使用が可能という大きなメリットがあります。クロスの張替に比較すると、床工事というのはどうしても費用がかさんでしまうものです。賃貸物件の長期的なメンテナンス費用の削減という意味で、フロアコーティングはおすすめです。

賃貸一戸建てのフロアコーティング

賃貸住宅に入居すると、退去時には原状回復義務があります。入居したときの状態に戻して退去することになります。入居したときの状態と言っても、日常生活レベルでの経年劣化は修理や修繕する必要がないのですが、不動産管理会社とのトラブルを予防するにはキズを少しでもつけないようにしたほうが良いでしょう。
フローリングの床を保護する効果が高いのがフロアコーティングです。賃貸住宅の中でも一戸建てに関しては入居者が清掃を含めた日常管理を行ないます。フローリングの床には、可能であればフロアコーティングをしておきましょう。傷がついてもコーティングの塗膜表面で済むからです。コーティングの塗膜は経年劣化しますので、入居期間が長くなれば自然に効果も弱まります。
退去時にはコーティングする必要がありませんので、キズの少ないフローリングの状態で退去できます。ワックスでも良いのですが、ワックスは半年や一年間の効果なので、入居期間が長くなればコーティングのほうが経済的です。

pickup

最終更新日:2017/6/29