フロアコーティングで快適生活

フロアコーティングを長持ちさせるお手入れ

フロアコーティングは、床が傷つくのを防ぎ、また光沢を作り出すことで、見た目も綺麗にする事ができます。
でも、表面にコーティング剤は床に塗っているだけのものですから、月日が経てば剥がれてきます。
より長く、綺麗な状態を維持するためには、そのための努力が必要です。
大事なのは汚れを放置しないことです。
特に食べ物や飲み物が床に落ちてしまった後に、放置しておくと乾いて固まってしまいます。
すると、こびりついた汚れを落とすために、コーティング剤を削りながら掃除しなければいけません。

他にも掃除道具で傷をつけることもあるので、出来るだけフロアコーティングをした床にダメージを与えないお手入れが必要です。
家具や家電などを設置すると、固い脚が床をこすることもあります。
そういった場所にはマットを敷いておくか、家具や家電に衝撃吸収シールなどを貼り付けておくと、こすっても床が傷つくことはありません。
あとは、お手入れをするときに、コーティング剤を剥がすような薬剤は避けることです。

フロアコーティングすることで床のお手入れが各段に楽になる

住宅の床はそこで生活していくうちにはさまざまな傷や汚れなどのリスクにさらされ続けます。最初のうちは綺麗でつやつやだった床面もが長年のうちには徐々に傷が立つようになり汚れがだんだん落としにくくなってゆきます。
かつて床面を汚れや傷から保護して艶を保つために行われていたのがワックスガケです。けれどもこれは定期的にワックスをかけなおさなければならないし、せっかくワックスを塗っても水には弱かったりと色々お手入れが面倒でした。

フロアコーティングは特殊な素材を使用して床面をコーティングすることで、床を傷や汚れのようなダメージから長期間保護するための施工技術です。フロアコーティングすることで床面を長い間綺麗な状態に保つことが出来るうえ、お手入れが楽なのが最大のメリットです。水拭きもできるし、ふだんは床表面の汚れを軽くモップで取り除くだけで綺麗な状態を保つことができます。フロアコーティングの種類によって効果の持続期間なども異なるので、最も条件にあったものを選ぶようにします。

Last update:2016/3/11