フロアコーティングで快適生活

床面を保護するフロアコーティングの種類

床面を傷や汚れから長期間にわたって保護してくれる、それがフロアコーティングです。フロアコーティングは大きく分けるとウレタンやアクリルなどの水性系のものと、シリコンなどを使った油性系のものとの2種類に大別することができます。水性系のフロアコーティングは有機溶剤を使用していないために安全性は高いのですが、耐久性の面では約5年程と余り高くはありません。もう一種類の油性系のフロアコーティングは耐久性の面でも10年以上効果が持続するといわれ、なかには30年以上の耐久性をうたっている施工もあります。

多くの種類がありますが、最も高度の高いUVやガラスなどによるコーティングは耐久性などの機能面ではたいへん優れているのですが施工にかかる費用が高額になります。高度の低いウレタンやシリコンなどを使用した施工は、耐久性の面では劣ってしまいますが価格の安さが魅力です。床面の仕上がりの艶感やグリップ性なども種類によって変わってくるので、自分の条件に合ったコーティング剤を選ぶ必要があります。

フロアコーティングに使用されるコーティング材の種類

フロアコーティングといっても、室内床のフローリングなどに使用されるフロアコーティング材の種類は同じではありません。以下では主に使われている材料の種類について価格順に説明していきます。
もっとも安価な塗料となるとウレタンコーティングになります。とにかく安く仕上げたい場合におすすめです。デメリットとしては、耐用年数が5年〜10年程度と長持ちしないところです。

お年寄りやペットのいる家庭向きにはシリコン塗料が適しています。シリコン塗料は塗膜に柔軟性があり、滑りにくい特徴を持っているからです。撥水性や耐熱性にもすぐれています。
ウレタンやシリコン以上の耐久性能のある塗料として、UVコーティングとガラスコーティングがあります。UVコーティングは塗料に紫外線を照射して塗膜を完成させるもので、施工後はすぐに使用することができます。耐久年数は20年以上と言われています。ガラスコーティングは鉛筆硬度で8Hと傷がつきにくく、それでいて塗膜は弾力性があるために剥がれづらい塗膜になっています。耐久年数は20年前後です。


2016/5/20 更新