フロアコーティングで快適生活

フロアコーティングの素材による比較

住宅やオフィスなど床部分のコーティングのことをフロアコーティングといいます。住宅のフローリングはもちろん、水回りに使用されることの多いクッションフロアと呼ばれる素材や店舗やオフィスのタイル床などにもフロアコーティングを施工することは可能です。
フロアコーティングをすることで床材に傷がつくことを防いだり光沢を出すこと床をきれいに見せるという効果があります。

ウレタン、ガラス、シリコン、UVなど様々な素材が使用されます。もちろんこれ以外の素材を使用した商品もたくさんあります。コーティングとってもそれぞれのコーティング層の厚みは異なりますし、耐用年数なども大きく異なります。しっかりと比較したうえで自宅に合った種類のコーティングを選択することで無駄なく長期間床材を保護することが出来るのです。ガラスやUVは一度施工すると比較的長期間効果が継続しますが施工費用が高い傾向にあります。一方でウレタンは摩擦に優れている、シリコンは耐薬品性能に優れているといったメリットがある一方でガラスやUVと比較すると耐用年数が短いなどそれぞれの特徴を理解したうえで素材を決めることで失敗のない施工が可能です。

フロアコーティング比較の際に重要なこと

"最近の新築住宅では必ずといってよいほどフロアコーティングがなされています。というのもフロアコーティングは新築時の傷や汚れがついていない状態で行うことによってその状態を継続させることが出来るという特徴があるからです。
しかしフロアコーティングといっても種類が様々です。もちろん種類によって崔渦舛和腓く異なります。フローリングの種類によっても向いているもの向いていないものがあります。ですからコーティングを行う際にはしっかりと商品を比較検討することも重要です。フローリングやライフスタイルに合ったものを選択することでその効果をより持続させることが出来るのです。
また同じコーティングでも施工業者によって価格が異なる場合もあります。一見すると使っている材料が同じなのであれば安価な業者のほうが良いようにも思えますが、施工技術によっても見た目が大きく変わる場合もあるのです。素人同然の人が行えば塗りムラが出来たりほこりが付着したりなど施工技術によって仕上がりに差が出るのです。ですから価格だけを比較するのではなく技術やアフターフォローの有無も併せて比較することで失敗ない業者選びをすることが可能です。"

Valuable information

最終更新日:2016/2/17